inakamoto -イナカモト-

田舎暮らしとクルマとバイク。趣味があれば人生楽しい!

【モンキー】排気量UP!ついに88cc化①

      2018/01/14

やっぱり何だかんだ言いながらこれをやってしまうんですよね。
だから端から88ccしておけってあれだけ…」ってな話は本当にごもっともだと 笑
しかし、80cc程度でも相当トルクフルに感じたあの日の事は忘れません。


で、最終的にどこのメーカーの何をチョイスしたかということですが、色々と検討しまくった結果デイトナハイパーヘッド+PC20キャブ+付き88ccキットにしました。
これまで使っていたPC20キャブは7~8年前に49cc時代から使用していたもので、シーズン過ぎてもガソリン入れっぱなしで腐らせたことも何度もありましたし、インマニも49cc用のものでしたし、結構バッドコンディションだったこともあり今回このキャブ付きキットにしたわけです。
PE24などの更に大きなキャブも検討しましたが、88ccのキットポン付けチューンではセッティングはなかなか出し辛いだろうと判断しPC20としました(使い慣れてるキャブでもありますし)。

【作業開始】
最初にフライホイールを外しちゃいます。ユニバーサルホルダーとフライホイールプーラーを使えば楽々です。
当然ですが、この作業はタイミングチェーン(カムチェーン)を交換するためのものです。
IMG_1706 - コピー
「バキッ」という音と共に外れます。
万一クランクシャフトを損傷してしまいそうなほど硬くて外れない場合は業者に依頼しましょう…。
またウッドラフキーも無くさないようにしましょう(私のモンキーの場合、ガッチリと噛みこんでいたので外れる恐れはなさそうでした)。
IMG_1708 - コピー
エンジンオイルも抜くわけですが…マグネットに得体の知れないものが沢山付着していました!こんなのは初めてです。
そもそも強力マグネットドレンボルトを使用したのは去年が初めてなので、長年の鉄くずが付いたんでしょうね。
IMG_1711 - コピー
次にエンジン本体を降ろして分解に入ります。
IMG_1720 - コピー発電関係は全て外しました。問題は例の2つの皿ネジです。やっぱり…

インパクトドライバーでもビクともしなかったので、ドリルで飛ばしました。
IMG_1721 - コピーネジが飛んだからといって、新車から一度も外していないと思われるカバーはすんなりと外れてくれません。

なので、カムチェーンが通る場所からドライバー等でゆっくりこじるとOリングがメリメリ音を立てて外れます。
IMG_1788 - コピー
カバーを外すとカムチェーンなどアクセスできます。
IMG_1793 - コピー
折角なので、汚れなどを落としておきます。
IMG_1795 - コピー
やはり横に暴れた形跡がありますね。しかし、オイルポンプ駆動用ギアの駒はしっかりと残っていたので一安心。
IMG_1801 - コピー

カムチェーンはSP武川の強化カムチェーンを使います。
IMG_1769 - コピー
恒例のチェーン比較。やっぱり強化品は厚く横方向の撓り方が違います。
IMG_1810 - コピー上:ノーマル 下:武川強化

 
カバーのOリングと皿ネジはPOSHのO/Hキットを使います。
IMG_1764 - コピー
これまで付いていたOリングはもうビロンビロンです。
IMG_1797 - コピー
シャフト部分のOリングは破壊しながら外しました。
IMG_1798 - コピー
新しいOリングを圧入します。
IMG_1811 - コピー

 
強化カムチェーンをセットします。
IMG_1813 - コピー
Oリングにオイルを塗布しながらセットしカバーをして終了。
IMG_1815 - コピー

その②へ続く

↓エンジン音・排気音はこちら
(スマホでの撮影のためそれなりです(-_-))






☆その他パーツはこちらから☆

 - エンジン, モンキー , , , , , , , ,