inakamoto -イナカモト-

田舎暮らしとクルマとバイク 趣味さえあれば人生楽しい…はず!

【ムーヴ】このクルマを選んだ理由~L175S~

   

※引越し記事です。
巡り巡って4代目ムーヴになりました。グレードは「カスタムRS」でボディーカラーは「ブラックマイカ」(本命は「アストラルブラッククリスタルマイカ」でした)です。
型式で呼ぶ場合「L175S(4WD車はL185S)」となりますね。
輸入車・国産車・FRセダン・ミニバンまで私の車歴は実にメチャクチャです。

▼クルマの選び方

自分で言うのもアレですが、私のクルマ(バイク)選びは変わっていると思っています。
通常「欲しい!」と感じたクルマをどこかで試乗してみたり、あるいは偶然乗ったクルマに惚れこんでしまいそのままショップへ…というケースもあると思いますが、私の場合は「興味を持ったらとりあえず買って乗ってみる」という感じです。つまり、一度も触れたり乗ったことが無い状態で購入するということです。この選び方や購入にどのようなメリット・デメリットがあるかザックリと書いてみたいと思います。

<メリット>
〇手元に到着した時の新鮮さが凄い(特に遠方納車の場合はそうですね)。
〇「こんな機能があるのか」「ここにこんな物がある」など、全く知らなかった機能や収納など色々な部分の発見が出来る。
〇実際に自身の所有物となり乗り始めると「こんなに加速が良いのか」「思ったより燃費良い」「足が硬めだ」「剛性感が結構ある」「ブレーキの利きも悪くない」など色々な発見が出来る。

<デメリット>
〇「思ったよりもxxxだった」など、実際に触れたり乗っていない分、色々とガッカリすることがある(それを自分好みに近づけていくのも楽しみの一つでもありますが)。

▼このムーヴを選んだ理由


このL175型ムーヴがデビューしたのは私が中~高校生位の頃だと思いますが、その当時より何となく「車名こそムーヴだけどムーヴっぽくないんだよなぁ…」と思っていました。
そう思う一因には、特徴的なスクエアーでボクシーな”カクカクデザイン”から一新され、ずんぐりむっくり丸くなった「ワンモーションデザイン」にあります。ボンネットからA~Cピラーにかけて緩やかに伸びる曲線ラインはまるで親会社のミニバン「エスティマ」のような、かつてミツビシより出ていた「コルト」、メルセデスの「Aクラス(初代~2代目)」と同じような雰囲気があります。



また、ムーヴの場合軽自動車ですからボディー寸法に制限があります。その限られた枠の中でホイールベースを目一杯伸ばし「もうこれ以上伸ばしたら前後バンパーからタイヤが出る!」と言わんばかりにボディー四隅に配置されたタイヤ&ホイールが印象的で、そのお蔭で前後バンパーは実にペラッペラ感が強くなっています 笑
この”上手く纏まってるんだかそうでないんだか何だか良く分からない”エクステリアデザインは微妙な雰囲気を醸し出し、思わず見てしまうような特徴がありました。
こういったところも決め手の一つでもありますが、やはり”10年落ち”ということもあり価格が崩れ気味になっているというところが大きいですね。

走りに関しては、この世代(年式)で同じエンジンや同じ足回りの「タント」や「ソニカ」といった車種と比較してもそれ程バカみたいに大差は無いと思いますので。

この「L175S卵型ムーヴ」と現行の「LA150ムーヴ」どちらのデザインが好きかと言えば、私はLA150ですね。

このスクエアでボクシーなスタイリングは正にムーヴ。これこそがムーヴだと思います。
6代目になってようやくムーヴらしさが戻ってきた」という感じですね。

現在は納車待ちとなっているため、手元に到着してからじっくりと細部を観察してみたいと思います。





 - ムーヴカスタム , , , , , , ,