inakamoto -イナカモト-

田舎暮らしとクルマとバイク 趣味と闘病記…

歯科医院(歯医者)が本当に苦手&辛かった歯列矯正

   

※引っ越し記事です。

現在、歯科医院に通院していて虫歯の治療をしています。
通院を開始したのは実に昨年の7月下旬まで遡り、現在に至ってもまだ終わっていません。
というのも、高校卒業以来一度も検診やメンテナンスをしていなかったので、C1~C3レベルの虫歯が上下満遍なくそこそこの本数が発見されました。

…そのためまだ終わらないのです。

しかし何度行っても慣れないもので毎回疲れてしまいます。
注射による麻酔をする機会も何度もあるためドキドキものです。

▼歯並びが極悪だった

さて、私は嘗て歯並びが相当お粗末な方でした。
顔や顎の大きさに反比例したビッグサイズの歯が生えていたこともあり「八重歯が可愛い」とかというレベルではありませんでした。
例えるならば、矯正前のおきやはぎ・矢作さん、チュートリアルの福田さんでしょうか。
小学生時代の笑った写真をみると、一緒に写っている同級生よりも明らかに1~2回りくらい歯が大きく、まるで小動物をガブッと食べてしまいそうな、小学生にしては可愛げの欠片も無い歯をしていました。男だったからまだ良かったものの女の子だったら悲惨だったと…。
当時の私は「歯並びなんかどうでもいい!関係ない!」という感じでしたが、将来的なこと考えた場合に親や祖父母などは相当居た堪れなかったのでしょう。
小学校6年時より矯正歯科医院へ通う(通わせてもらう)ことになりました。

▼矯正前の抜歯

ワイヤーを装着して矯正をする前にスペースを確保する必要があったため抜歯をすることに。
抜歯は幼少期より通っていた腕利きで信頼を置いている歯医者さんにやって頂きました。
抜歯の方法は至ってシンプルで、麻酔をかけたら歯をプライヤーでぶっこ抜くだけです。
麻酔が効いているので当然痛みは無いのですが、”メリッメリッ ミシッミシッ“という鈍いサウンドが歯茎や顎を通して頭の中に響き渡ります。あれは気持ちが悪いものです。
神経がブチブチ千切れたり歯根が顎から離脱して歯が歯茎から剥がれる音でしょうね。

▼激痛との闘い

抜歯も終了し、いよいよワイヤーを装着しましたが…痛いのなんのって、物を食べるどころの話ではありません。とにかく痛いのです。痛くて痛くてたまったもんじゃない!
口を閉じれば当然唇が歯に接触しますが、それが激しく痛みます。いや、何もしていなくても痛いのですが閉じれば痛さが倍増します。
歯がある程度動き始めるまでは、もう悶絶する痛みが続きましたね。あれは本当に強烈でした。
多分、食事の前には何度か痛み止めを服用したと思います。そうでないと食べられないので。

▼矯正装置

私が使用した矯正器具は以下の通りです。(もはやインプレみたいになってますね)
まずはワイヤー。これがなければ始まりません。
ワイヤーの固定はブラケット+ギターの1弦のような細い針金+ゴム(Oリング)で固定しますが、このゴムのカラーバリエーションは豊富で、オレンジ・グリーン・レッドなどを組み合わせてカラフルにしたり、あるいは画像のように青1色にもできますが、私は無色透明を貫きました。
ただし、白や透明はカレーなどスパイスを多く使用した料理を食べると染まります。
こちらがブラケットにかけるゴムです。
私の場合は何度も申し上げますが無色透明に拘りました。
ちなみに、画像ではブラケットが金属製ですが私は透明のものを使用していました。
透明Oリング+透明ブラケットこれだとあまり目立ちませんね。
(画像ではワイヤーまで透明ですが)

次にヘッドギア
これで奥歯を強制的にグイーッと押し込み、歯全体をバックさせます。私の場合は上の奥歯に使用しました。これは主に出っ歯の方に有効ですが、成長期で骨が柔らかい子供が使用すると頭蓋骨が変形することもあり、ちょっと不安要素があります。
私は就寝時に装着していて、朝起きて血まみれになっていないか非常に心配でしたが、幸いにもそれは1度もありませんでした。
現在はネックタイプもあるようですね。

次に顎間ゴム
こちらで上下の噛み合わせを調整します。これも地味に痛いんですよね。上下に引っ張られる訳ですから、口を開ける度に痛みが生じます。
しかし、このOリングは非常に小さいため、指の太い方や手先があまり器用ではない方は引っ掛けるのが結構大変だと思います。
種類も幾つかあり、私はゴリラかチーターを多く使った記憶があります。

次にリテーナー
こちらはワイヤーも何もかも全て外し終えた後に使用するものです。マウスピースのような感じですね。ワイヤーを外せば歯がまた元に戻ろうとするので、「その位置にいなさい!」とクセをつけるための装置です。

その他でワックスですね。
文字通りなのですが、口の裏側と矯正器具が干渉して口内炎になったりすることが度々あります。
それを防止したり悪化しないようにするためにワックスを付けてスムージングしてあげます。こうするとトゲトゲしさが緩和され楽になります。
ワックスは棒状になっており、自分で必要な量をちぎってこねて装着します。

▼最後に

歯列矯正に掛かる費用は本当に強烈にシビレる金額で、社会人となりお金の重要性を物凄く痛感できるようになった今、ひしひしと身に染みます。
今その金額を「現金一括で払ってみろ!」と言われたら、卒倒してしまうことでしょう。

最初投稿日:2015/2/1

 - 病気, 雑記 , , , , , , , ,